時に予定調和を超える素人動画の求心力

時に予定調和を超える素人動画の求心力

「素人をナメると痛い目に遭う」と囁く、その道の通の方々が何を恐れているのかと問われれば、予定調和や既成概念を一切無視から「なにをやらかすか予測がつかない」怖さを指しているのです。
その道にある程度通じてしまうと、個々のポテンシャルやノウハウは確実にレベルアップする反面、意外性という部分は影を潜めてしまう傾向が否めません。
「こんなのは有り得ない」なる先入観が、時に高い完成度と裏腹に、マンネリ化やお決まり定番パターンを「安心」「良し」としてしまうのも、多くの方々がご自身に重ね合わせてご納得の通りです。
これはアダルト動画にも共通しますが、とりわけ「素人が何を撮影するか分からない怖さ」が見過ごせないのも事実です。
プロで飯を食ってる人達には思いつかないプレイの様子や、有り得ないカメラワークで捉えられた光景は、俄に「これって大丈夫なのかな」的な議論を呼ぶ展開も珍しくありません。
そんな素人動画の侮れぬ魅力は、既に一部の口コミサイトやアダルト動画ファンの間では周知の事実であり、素人動画を追求する熱心なマニアも、全国各地に潜在的に大勢おられると容易に推察される程です。